nlpタイトル

nlpとはへ 日本NLPへ カウンセリングの歴史へ セラピーとカウンセリングへ

NLP(神経言語プログラミング)は、米国のリチャード・バンドラージョン・グリンダーの二人を中心に開発された実践的なコミュニケーションツールです。現在、欧米を中心に世界的に広まりを見せています。
また、ビジネス、教育、カウンセリング・セラピーなど、さまざまな分野で活躍する人たちが、このNLPのツールを使用し、実践しています。

創始者の二人は、当時アメリカでは著名な3人のセラピストをモデルに、言語パターンを中心にしたコミュニケーションスキルを開発しようとしました。その3人は、家族療法のバージニア・サティアゲシュタルト療法のフレデリック・パールズ催眠療法のミルトン・エリクソンです。バンドラーとグリンダーは、彼らの言語・非言語のパターンを分析、研究していくうちに、この3人には特徴的なそれぞれのパターンと、共通するパターンがあることに気づいたのです。

創始者の二人は、この成果を抽出分類して、誰もが使用可能で、かつ効果的なコミュニケーションツールへと発展させました。これによってNLPは、特定のセラピストのコミュニケーションパターンというレベルから、他者とのコミュニケーションを必要とする全ての人々、分野へとそのひろがりを見せ現在も多くのスキルを開発させながら発展し続けています。

また、開発国の米国を始め、多くの国においては、NLPの開発者やトレーナーたちが、それぞれ独自のスキルを開発しながら特徴あるNLPが創出され続けています。日本でもNLPが広まりをみせ、多くのトレーナーたちが自分たちの感性にあった形でNLPを開発しながら普及に努めています。