向阿忌

お知らせ


  • 向阿忌』のご案内
『向阿上人絵詞伝』

 当山第5世向阿是心上人(~1336)は鎌倉時代末から南北朝時代に活躍した人物で、仮名法語『三部仮名抄』を編纂した事で知られる人物であり、歴史史料上最初に登場する当山の歴代でもあります。

 当山では法然上人800年遠忌記念事業のひとつとして、向阿上人の顕彰を掲げることとなり、平成20年に江戸時代まで行われていた『向阿忌』を復興、以後毎年七月に厳修してまいりました。

 向阿忌では向阿上人ならびに年忌に祥当する歴代上人の法要を修するとともに、あわせて学僧であった上人を偲び、宗学にこだわらない学術・研究に関わる記念講演を執り行っております。
 
 本年も下記の要領で向阿忌を勤修いたします。

 お誘い合わせの上、ぜひお参り頂けますよう、ご案内申し上げます。

 なお、暑い折でございますので、平服でのご参列をお勧めしております。一般の方のご参列もお待ちしておりますので、お気軽にお参りください。




平成29年 向阿忌
平成29年7月2日(日) 於・清浄華院大方丈

      13:00~ 受 付 大方丈入り口にて
      13:30~ 向阿忌法要 ご法主台下御親修(40分程度)
            第36世臺譽良光上人400回忌
            第52世商譽良義上人250回忌
            第61世延譽賢従上人150回忌
            第69世佛譽賢融上人100回忌 御祥当

             休憩
      15:00~ 記念講演(60分程度)
         龍谷大学 特任講師 大谷由香先生 【講題】中世後期の「浄土真宗」と清浄華院

 室町時代の清浄華院の門流「鎮西一条流」は、皇室や将軍家の帰依を背景に数ある浄土教団の中でも「浄土真宗」と認められ、讃えられる存在でした。しかし、その隆盛の影には「見蓮上人門徒」なる一派の活躍がありました。
 無人如導を祖とする見蓮上人門徒は、当時最新の佛教ともてはやされた泉涌寺の北京律を主体としつつ真言密教、そして鎮西一条流を併修する独特の体系を持つ組織でした。戒律復興運動が盛んになる中で、彼らもまた貴顕に受け入れられ、当時の仏教界に大きな影響力を持ちました。
 鎮西一条流が当時繁栄の絶頂を迎えたのは、彼らとの交渉による影響も大なるものであった、という説が最近唱えられています。

 今回は中世後期の泉涌寺と見蓮上人門徒の研究をまとめられ、この春『中世後期 泉涌寺の研究』上梓された大谷由香先生に、中世清浄華院の知られざる歴史の一面をお話し頂きます。

       特別展覧(予定)
         一、向阿上人御遺物
              真筆六字名号    一幅 他
        
        参列自由(お賽銭程度お供え下さい)
          ※途中参列可能ですが、講演は法要終わり次第開始いたします。
          ※駐車場には限りがあります。なるべく公共交通機関で御来山ください。

以上

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional